CIDPのサポートグループの会に入りました

待っていた会員になれる本がすごく沢山配達されました。

傑作なのは、郵便局の人が、切手代が10円足りないので、切手を貼って

ポストに入れてくださいと、何事もすんなり事が進まない、魔女にきた運命かと

おもざる郵便物でした。

いつからメールの交換ができるのか楽しみです。

治療をした内容がいくつか書いてありました。これもこれも魔女は経験した事が

あるとあの頃は治ると信じて、治療をしていました。

先生も魔女さんの敵は頑固だねと言われた事を思い出しました。

色々検査、治療をしてもらっていた中で、魔女はALSになってしまいました。

段々と息苦しさがでて、食事も休み休み、トイレに歩いて行くのも苦痛で、

車に乗ったら、前の横に風が出てくる所があって、そこにくちを開けて

風が入ってくると楽になったり、歌も歌えなくなったりで、気管切開をする事に

なったのが、おおまかな病気の進行です。

CIDPの以前の知り合いにメールが出来るか楽しみです。まだ覚えていてもらっているか

心配です。

一つだけの柿

毎年いただくのですが、種はないけど柿です。

どれがすごく美味しのです。でも一つしかもらえません。今年は

木に出来ている柿は30個とすくないのです。

沢山出来ているときも、一つです。

リハビリーが終わって帰る時カバンの中から何も言わずそーと出されます。

魔女の好みの固さの柿です。

一つしかもらえない柿ですが、すごく1年を楽しみに待っています。

IMG_0071.JPG